カメラ散歩

こんにちは♪

このブログを始めて1ヶ月過ぎたのですが、読み返してみると自家製酵母やパンの記事ばかり。。
もっといろんなことについて書きたいと思ってるのですが(^^;;

ということで、今回は別のお話を。



パンよりコーヒーより、さらには山よりももっと以前から私がこっそり趣味にしているものが、写真です。

と言っても、立派で高価なデジタル一眼レフを持っているわけではないです。
使っているのは、
17年ほど前の初心者用入門機NikonF60とニッコールのレンズ2本。
お手軽なミラーレス機のNikon1 J1とニッコールレンズ3本。


昔からあまり難しいことは考えて撮ってなくて、、
ただ「いいなぁ」「素敵だなぁ」と思ったものや景色を、なんとかその感動ごと切り取れないものか?!
と、カメラを構えています。


山を始めたのも、そこに行かないと出会わない風景や絶景に会いたい!というのがきっかけだったように思います。


最近の悩みは、
諸事情により山に行くチャンスがなかなかないこと。

なので、今回は、夏に実家へ帰ったときにふらり~とカメラ散歩したときの写真をちょっと載せてみます♪



田んぼ傍のエノコログサ。通称 猫じゃらし。穂が陽に輝いてきれいでした。


朝露キラキラの稲



流れがゆっくりな川。空が映って不思議な風景。



朝の橋。空の色がいい。



シジミチョウ(ウラゴマダラシジミ?)とヒメジョオン



道路傍に咲いていた白いユリ



オレンジのコスモス



以上
カメラ散歩の収穫でした(^^)
山や海に出かけなくても、ほんのりのんびりよい景色に出会えるものですね。
スポンサーサイト

長野県産りんごのりんご酵母♪

先日、信州旅行にて買ってきました長野県産りんご「サンつがる」と長野のお水。
これを使ってりんご酵母を育ててみました♪


↑8月31日夕方

<材料>
サンつがる(長野県産):1/3個
雪山しずく:適宜
三温糖:小さじ1

容器や調理器具は、煮沸消毒や湯通しして殺菌して冷ましておく。
水は、りんごを入れてから加え、容器がほぼ一杯になるくらい。



↑9月2日朝

3日目(9/2)、ちゃんと発酵始まってました♪


↑9月3日夜

4日目(9/3)、順調に発酵中~♪
活発に発酵してるので、発生したガスでゴムパッキンの蓋が自然に持ち上がってくるほどです。
蓋の隙間から香りを嗅ぐと、フルーティなりんご酒のような香り(^^)



↑9月4日朝

5日目(9/5)の朝、十分発酵が進んだので蓋を開けました。
発酵の泡が少し落ち着いてきてます。
ということで、、
濾過~。




長野県産サンつがるのりんご酵母液
完成です\(^o^)/

この後は、
このりんご酵母液を元に、パン種を作ります。
パンになるのはもう少し先かな。
でも、楽しみです(^^)

長野県産の…♪

週末、信州に旅行に行ってきました。

お天気がずっとグズついていたので、松本の街を少し歩いて、美術館に行って、後は宿でゆっくり過ごしました。


縄手通りで見つけたカボチャのオブジェ?
ころんころんと並んでかわいかったです。



昔ながらの洋食屋さんのコーヒー。
ちっちゃい手作りビスケット付き。



松本市美術館のでっかい水玉模様のお花。
草間彌生さんの作品。インパクトありすぎ~。



宿でいただいたモーニングコーヒー。
すっきり優しいお味でした。



とあるワイナリーのぶどう
雨に濡れてました。



旅行としては、特に何か大きな目的があったわけではなかったのですが。。
今回、自分へのお土産に2つのものを買ってきました。

長野県産のりんご「サンつがる」と、
長野の水「北アルプスの清らか天然水 雪山しずく」





この二つを買ってきて、どうするかというと、、
自家製りんご酵母を作ります(^^)

私が普段パン作りに使っている小麦粉は「華梓」という、長野県産の小麦粉のプレンド強力粉です。

その長野の小麦粉と、
長野のりんごと長野の水で作った酵母

ふっふっふっ…長野ばっかり♪



なぜ長野県産にこだわるかというと、、

私の夢は山の見えるところでカフェを開くこと。できれば長野県がいいなぁと思ってます。
もし、長野でお店を開くことができたなら、お店で出す食べ物はできるかぎり地の物、つまり長野県で生産されてるものを使って、お客様に提供したい。
そう考えてます。


なので、パン作りの練習も長野の素材を使って練習したいのです。

常滑にて♪ ろくろ体験とカフェ

常滑にて、
ロクロ体験をしてきました。

前々からやってみたいって思ってたんですよね~♪

まったく初めてなので、
初心者向き30分体験コース

場所は
『かりせーさ』さん


↑古民家を利用した味わい深い雰囲気

こちらは、「ロクロ体験常滑最安値!」と謳っていらして、、
30分体験コース 1,600円
粘土の使用量無制限
作った作品から1点選んで焼成。
2点以上焼いて欲しい場合は1個につき+700円で追加可能
しかも、お抹茶と茶菓子付き

お値打ちな教室です♪

お安いけど、内容はちゃんとしてて、先生がしっかり教えてくれて、なおかつ、まったくの初心者でも30分で2~3個は使えそうな器が作れます。



ロクロで器を作る。

くるくる回る土に、気持ちを落ち着けて、そーっと手を添える。
すると、すすぅ~っとゆっくり柔らかに土が伸び、
コップにお皿にお茶碗にと、
生き物のように手のひらのなかで土が育っていく。
癒される時間でした。



↑手前がロクロ。奥の棚にはみなみの作品♪


↑作品アップ

今回、私みなみも、30分で3個作ってその内2個を選んで焼成をお願いしました。
出来上がりが楽しみです(^^)



ロクロ体験の後は、お隣のカフェで美味しいスイーツとコーヒーをいただきました。





落ち着いた雰囲気のお店で、スイーツもコーヒーも美味しかったです。




何かと忙しい毎日。
ちょっと抜け出して、ほっと一息。
いい時間を過ごさせていただきました♪



↓今回お世話になった『かりせーさ』さんのURLです。体験教室は予約制。ウェブからも予約できます。
http://kariseisa.web.fc2.com/

↓カフェのウェブサイトはこちら
1階が雑貨屋、2階がカフェになってます。
http://www.ni-no.jp/ni-notop.html

梨酵母パン!

梨酵母のパン種が元気に成長したので、それを使ってパンを焼いてみました♪

詳しい製法はいずれ作るりんご酵母パンと同じになるはずなので、ここでは省略します。
それでもざっくりお伝えすると、生地を一晩以上冷蔵庫で寝かせてゆっくり発酵させる低温熟成のオーバーナイト法、かな?
素人なので詳しいネーミングは定かでなくて、すみませんm(_ _)m

〈材料〉
華梓:170g
全粒粉(長野県産ゆめかおり):15g
ライ麦(タイプ130):15g
きび砂糖:2g
ヨネマーズ(塩):4g
水:120g
梨酵母パン種:50g

1日目の15時くらいから作り始めて、焼きあがったのは2日目の21時半ごろ。。
待ち時間がかかるのが難点ですね~。
でも!
結果は、、

パンパカパーン♪



調子付いて、同じ生地で丸パンも焼いてみたり~♪



どちらもとっても美味しそうに焼けました(^^)
お味は、ライ麦と全粒粉のおかげか自然の旨味と香ばしさがなかなか良い感じです。
そのまま食べてもいけますが、トーストすると粉の香りが引き立ってさらに美味しかった~。
シンプルなパンなので、食べ方もいろいろ工夫するといいかも。

まだまだ課題はたくさんありますが、とりあえず、今回は成功ってことで*\(^o^)/*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。